土木施工管理は、
マネジメントの頂点に立つ仕事

光谷 章平

Shohei Koutani

工事部 2017年入社

営業職採用も、現場配属を直訴

営業職採用も、
現場配属を直訴

7年間、介護職に就いていましたが、自分のゴールがわからなくなり、異なる世界で新たな目標を見つけようと思い、本所建設に興味を持ちました。「土木・建設を中心に、今後はさらに視野を広げ、新しいビジネスにも挑戦していきたいので、ぜひ力になってほしい」。そんな常務からの言葉が入社の決め手になりました。当初は営業部に配属される予定でしたが、現場のことをわかっていないと営業を務める資格はないと考え、工事部への配属を直訴。私の希望を受け止めてもらえ、今は現場で土木施工管理を担当しています。これまでに携わったのは、河川の災害復旧や宅地造成など。河川の災害復旧の現場は、幅6mほどの川でした。河川の場合、雨が降れば工事をストップせざるをえません。特に川幅が狭いと、水かさがすぐに上がり、工事に影響を与えるだけでなく、二次災害の可能性もあります。天候を考慮し、新たな災害を防止しながら、安全かつスムーズに工事を進めていく。その作業を目の当たりにし、土木・建設の技術の凄さに感銘を受けました。同時に、そこに管理者として携わることへの責任感とやりがいを強く感じました。

人を動かす仕事の中で、頂点にある仕事 目標が高いからこそモチベーションも高まります

人を動かす仕事の中で、
頂点にある仕事

土木・建設といえば、身体を資本とするような仕事だと思っていましたが、土木施工管理はものすごく頭を使う仕事です。地形や天候などを考慮した安全性の確保、正確な計算が求められる資材管理やコスト管理など。何より「人をどのように動かすのか」を常に考え、的確な指示を行わなければなりません。そして人を動かすとき、必ず“コミュニケーション”が発生します。土木施工管理者は、いわばコミュニケーションのプロだとも言えます。この部分は、私にとって一番の課題になっています。これまでにも伝えたいことが相手にきちんと伝わっていないことが何度もありました。ちょっとした言葉の選び方の違いで、認識の齟齬が生まれ、迷惑をかけたことも。そんな私に対して上司は「自分の範囲内で考えないようにしよう」とアドバイスをしてくださっています。その言葉が糸口になり、相手の立場に立ったコミュニケーションを少しずつ理解できるようになってきました。土木施工管理者として一人前になれば、あらゆるマネジメントに関わる仕事をこなせると言われています。それほど高い能力が求められますが、目標が高いからこそモチベーションも高まります。

新たなビジネス展開にも貢献したい

新たなビジネス展開にも
貢献したい

本所建設は、プロバスケットボールチームの「大阪エヴェッサ」とスポンサー契約を結んでいます。そのきっかけは、社員からの何気ない提案だったと聞きました。本所建設が新たなビジネスチャンスを探している中、それが社員のアイデアから具現化したわけです。社員一人ひとりにしっかりと耳を傾けてくださる本所建設では、面白いビジネスアイデアがあれば、部署や役職、入社歴など関係なく、そのアイデアに対して真剣に向き合ってくださいます。私もバスケットボールが好きなので、「大阪エヴェッサ」とのスポンサー契約を活かし、バスケットボールの発展に貢献できるようなアイデアを出していきたいと思っています。今は、土木施工管理者として一人前になることが最優先ですが、将来は新たなビジネス展開にも貢献できるような存在になりたいです。

RECOMMEND POINT!

本所建設で働いてみて
よかったこと
本所建設は、土木・建設という業界の壁を超え、大きな枠組みの中で新たなビジネス展開を進めています。会社が新たなステージに向かう中で、自分もそこで挑戦していけることにやりがいを感じています。どんな社員に対しても平等に耳を傾け、チャンスを与えてくださっていることも、本所建設で働いてよかったことです。

ENTRY

エントリー

下記エントリーボタンをクリックし、ご応募ください

新卒採用は
リクナビよりエントリー
リクナビ2019

お電話での応募やお問合せも受付けています。
履歴書に職務経歴書を添付の上、直接弊社総務部宛に郵送頂き、応募頂くことも可能です。

ACCESS

アクセス

本社

〒584-0005 大阪府富田林市喜志町3丁目1268-4

TEL 0721-24-0015

FAX 0721-24-0315

大阪支店

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目3番8号 MF南森町ビル10階

TEL 06-6135-0015

FAX 06-6135-0016